記事一覧

3人のスタッフをご紹介します。

 
 
 

Greetings from SB&B.
The coronavirus pandemic changed the way we did things in 2020, but in 2021 that experience will help us improve our virtual events while we start making plans to eventually return to international travel and in-person customer meetings.

皆様、こんにちは。
昨年2020年は、新型コロナウイルスのお陰でいろいろな面で仕事のやり方を変えなけ
ればならない年になったと思います。
でも、2021年、私達は2020年の経験をもとにして、リモートでのイベントや、そして
いつかはまた旅をして実際にお客様にお目にかかれるような計画も考え始めています。

Farmers are looking forward to the 2021 crop season.
Farmers had nearly a perfect fall season, getting all of the crop harvested and fieldwork completed.

農家の方々は、2020年シーズンの収穫を終えた後に2021年シーズンの畑の準備をしましたので、秋頃からはゆっくりした時間を過ごすことができました。今は2021年のシーズンを心待ちにしております。

We will enter the spring season with a lot of optimism.
Our winter has brought mild temperature and very little snow at this point, but generally Feb & Mar are typically higher moisture months, so we will see
what the remaining winter season brings us.

これからまた希望にあふれた春がやってきます。
今年の冬は比較的マイルドな気候で今のところ降雪量は少なめですが、2月と3月は通
常雪が多くなりますので、残りのシーズンがどうなるか様子を見ています。

At this point, many feel we could have an early spring which generally means
a better-than-average opportunity for above average crop yields.

今の時点では、私は春が早めに到来するのではないかと思っていまして、そうなると
収穫量は平均よりも高くなるかもしれないと予測しています。

These 3 dedicated ladies combine to manage your shipment bookings and
documents.

今回は私のオフィスで働いてくれている女性をご紹介致します。3人はとても仕事熱心で生協様向けの船の手配や書類作成を行ってくれています。

From left to right…. Katie Poulson, Kelsey Neisen & Janelle Stahl.

左から右へ ケィティ・ポールソン、ケルシー・ニーセン、そしてジャネル・ストー
ルです。

In addition, attached is a picture of Jeremy at his desk.
In an 8 hr. day, Jeremy will spend a minimum of 5 hours on the phone with growers and our Plant Managers coordinating deliveries and processing details.

それから、三男のジェラミーが机に向かっているところの写真もお送りします。
ジェレミーは 1日8時間の仕事のうち、5時間ぐらいはは農家さんや選別工場の担当者
と電話打ち合わせを行っており、穀物の発送や選別加工を担ってくれています。

<気になる情報 from the U.S.A.>

株式会社アグカルジャパンの上田 和代です。最後にアメリカのちょっとした様子をみなさんにお届けいたします。

日本では2月はバレンタインデーという大きなイベントがありますよね。
実はアメリカも同じで、バレンタインにはお祝いをします。
ただ日本とは全く逆で、アメリカでは男性が女性に感謝を伝えるための日で、言って
みれば女性の為の日なのです。

そのため、この日はどこのお店にいっても花束やワインなどをいそいそと買っていく
男性を多く見かけます。
それから、子供達などは男女問わず友達同士でプレゼントを送りあったりしますし、
先生にプレゼントを渡す子たちもいます。

このように、アメリカではバレンタインといえば誰かに感謝を伝える日という事に
なっているんです。
同じ日のイベントであっても日米では意味が違う事も多いので面白いなと感じていま
す。

 

PROFILE
Robert B. Sinner
ロバートB.シナー

大豆生産農家

シナー・ブラザーズ&ブレスナハン(SINNERBROS.&BRESNAHAN)代表。米国産地指定大豆生産者のおひとりで生産者グループの代表。愛称ボブさん。アメリカのノースダコタ州で5世代にわたって農業を営む。

同じ考え方で大豆を生産している契約農家の仲間達と一緒に仕事をしています。先代から引き継がれている思い「お客様に信頼と商品の一貫性を」を大切にし、誠意をもって細部まで気を配ることをいつも心に留めて農業をやっています。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。