記事一覧

長く続く春からようやく兆しが見えてきました。


 

We are assuming everyone in the world that have an interest in agriculture products are aware of the spring planting challenges that growers have been faced with across the entire Midwest over the past 2 months due to unusually wet weather.   This is combination with significantly lower crop prices have caused significant stress in rural America….obviously related to the China/U.S. trade war.   Farm bankruptcies are up & farmer suicides are up.

世界中の農産物に関心を持っている人々なら、アメリカ中西部で、 2 か月ほど、例年より降水量が多いために農家が春の種まき作業に難航していることをご存知かと思います。
これに加えて、農作物の価格も下落しています。この価格の下落は、明らかにアメリカと中国の貿易摩擦によって引き起こされている事象です。
このような状況は、アメリカの農村にとって多大なストレスになっており、農家の破産や自殺などということも増えてきています。


Some field and planting activity has started in central and western ND as well as pockets in Wisconsin, but this is mainly for wheat and corn planting.  
The Red River Valley region remains quite with another cool and rainy day today.  
The forecast is encouraging however. If the forecast holds, we expect that many/most will be in the fields next week.

ノースダコタ州の中央、また西側、そしてウィスコンシン州の数か所では植え付けが始まったところもありますが、ほとんど小麦とトウモロコシです。
レッドリバーバレー ( 私の畑がある所です ) では気温も低く今日も雨が降っています。
しかし天気予報によると期待が持てそうです。予報が当たれば来週にはこのあたりの畑も忙しくなることでしょう。

 

Many states are much, much farther behind with spring planting when compared to our immediate region.   North Dakota has probably the highest percentage of crop planted than other Midwest states.

春の種まき作業も私達の周辺区域と比べるとほかの州ではかなり遅れていて、中西部の中ではノースダコタ州が一番多く種まき作業を終了している州のようです。

 

Despite the success in North Dakota and to some extent Wisconsin, we still have some areas that need to get planted.   To be even more specific, some of the SB270 acres are still not yet planted.  We are about 90% complete to date.   Is it getting late??….yes, of course.   Is it getting too late?….not necessarily.   We think that planting before June 15th can be okay if the weather cooperates for the remainder of the growing season.   In comparison, Ohio for example is only 30% complete on their soybean planting.   Indiana, Illinois & Iowa are not much better.

私たちの事務所の周辺は順調な方だとはいえ、まだノースダコタ州とウィスコンシン州の一部では種まきが終わっていない箇所も残っています。
さらに詳しくお伝えしますと、 SB270 (皆様へお届けしている品種)の種まきは今日までに約90%が終了していますが、まだ少し残っています。
もちろんこれは例年よりも遅いスケジュールです。ただし、遅すぎるかと聞かれるならば、そんなことはありません。
6月 15日に植え付けをしても成長期の天候に恵まれれば問題はありません。
ほかの地域の状況をお伝えすると、オハイオ州では 30% しか種まきが終了していません。インディアナ州、イリノイ州、そしてアイオワ州も同じような状態です。

On the positive side, the temperatures are now finally much warmer, which not only helps dry the wet areas, but also allows for rapid emergence and plant development of late planted seeds.   So, you can obviously understand that we do have a bit of difference depending on producer location.    The attached pictures show some soybeans that emerged more than a week ago and are developing fast.

このような状況ですが良い面もあって、ここ最近は気温がどんどん上がってきており、それによって水分の多かった土壌が乾燥し、植え付けが遅れた豆も発芽と生育が順調に進むと思われることです。
現時点では生産者の畑の位置によってかなり違いが生じていますが、添付した写真は1 週間前に発芽した大豆の写真で、順調に成長しているのを見て頂くことができると思います。

 

PROFILE
Robert B. Sinner
ロバートB.シナー

大豆生産農家

シナー・ブラザーズ&ブレスナハン(SINNERBROS.&BRESNAHAN)代表。米国産地指定大豆生産者のおひとりで生産者グループの代表。愛称ボブさん。アメリカのノースダコタ州で5世代にわたって農業を営む。

同じ考え方で大豆を生産している契約農家の仲間達と一緒に仕事をしています。先代から引き継がれている思い「お客様に信頼と商品の一貫性を」を大切にし、誠意をもって細部まで気を配ることをいつも心に留めて農業をやっています。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。

メールアドレスが公開されることはありません。