記事一覧

第12回組合員商品活動交流会

『学んで、気づいて、行動に!未来のためにできること』

 

shiryoshitu_kouryuukai_01

2019年5月22日(水)『学んで、気づいて、行動に!未来のためにできること』をテーマに第12回組合員商品活動交流会を篠栗研修センターで開催しました。この交流会は、『事業連合の場でも生産者(お取引先)と消費者(組合員)をもっと近づけ、つながりを実感する事を目的として毎年開催されています。

昨年、第11回組合員商品活動交流会の様子はこちら

今回の交流会を企画する上で、大切にしたことは、『SDGsとエシカル消費』についてわかりやすく伝える事と、生協の取り組みがSDGsの目標につながっている事を参加者に知っていただく事です。

全体会『こんな身近に!SDGs&エシカル消費』

shiryoshitu_kouryuukai_02
shiryoshitu_kouryuukai_03
劇団実行委員による寸劇

「こんな身近に!SDGs&エシカル消費」というテーマで、普段のお買い物や日常会話をイメージした寸劇を7名の実行委員のみなさんに面白おかしく演じていただきました。普段の生活の中で、何気なく手に取っている商品も視点を変えてみることで新たな気づきが生まれ、そこからエシカル消費やSDGsに繋がっていくことを参加者のみなさんと共有することができました。

分散会①『感じてつながるSDGsのわ』

shiryoshitu_kouryuukai_04
生産者のみなさんとの交流で会話も弾みます。正面右の方は、C九州の芋けんぴのさつまいも農家の山下さん。
shiryoshitu_kouryuukai_05
実際に商品を食べながら、意見を出し合います。

交流ブースでは、6グループに分かれ、生産者やメーカーのみなさんと聞きたいテーマ、話したいテーマをそれぞれ出し合い、交流を深めました。生産者やメーカーの取り組みを知ることで、さらに気づきが生まれます。

分散会②『人に、地球に、未来にやさしいコープDEランチ』

shiryoshitu_kouryuukai_07
コープ商品を試食しながら、メーカーさんとも交流。
shiryoshitu_kouryuukai_06
C境港サーモン塩切身。初めて知った方もいらっしゃいました。

このブースでは、テーマに沿ったコープ商品の試食を準備しました。実際に商品を食べることでおいしさも実感し、参加者同士での交流や、メーカーさんとの交流が自然と生まれます。

C境港サーモン塩切身に関する情報はこちら

分散会③『ここにもあった♪地球にやさしいコープ商品☆』

shiryoshitu_kouryuukai_09
(株)コープクリーンの茂垣さんにコープの洗剤の歴史をお話いただきました。
shiryoshitu_kouryuukai_08
WWFジャパンの伊藤さん。

コープの洗剤を利用すると1品につき0.5円がWWFジャパンのプロジェクト支援に繋がっています。なぜ支援が必要なのか。現地の状況はどうなっているのか。WWFジャパンの伊藤さんにわかりやすく説明していただき、生産地の抱えている問題について参加者同士でシミュレーションゲームを行いながら学び合いました。

shiryoshitu_kouryuukai_10
4人1組で行ったシミュレーションゲームのカードの一枚。当事者になりきって問題解決を考えました。

支援先の様子やWWFジャパンの取り組み内容はこちら

2018年8月から準備してきました。

shiryoshitu_kouryuukai_11

九州・沖縄の7つの生協からお一人ずつ、計7名の実行委員のみなさんが中心になって、2018年8月から9ヶ月間この日のために準備してきました。参加者のみなさんや生産者、メーカー。関わる人みんなで共感しあい、これまでの生協の取り組みを振り返りながら、これから一人一人が誰かの笑顔のために行動していくことを学びあえるとても楽しい交流会を開催していただきました。

(写真左から)小篠圭さん(実行委員長)、牛島八重美さん、竹山正子さん、知念敬子さん(副実行委員長)、中川美佐代さん(副実行委員長)、土内資子さん、尾田美香さん。9ヶ月間本当にお疲れ様でした。

あなたの活動を投稿する

  • ※「この内容で投稿する」ボタンを押してから、管理者で確認をいたしますので、反映されるまでにお時間がかかることがあります。ご了承ください。