記事一覧

組合員が取り組む品質保証システム

shiryoshitu_gcp_01

品質保証システムは、組合員も一緒になって取り組むことで完成します。生協では、安全のバトンを最後に受け取る消費者、つまり組合員に、食の安全をさらに意識していただくための取り組みもすすめています。

生産者からスタートした品質保証システムのバトンを上手に受け取らないと、実際に食べる時に約束された品質が保証できなくなってしまうこともあります。

shiryoshitu_gcp_02

そこで、コープおおいた、コープさが生協、ララコープの組合員に約1年にわたりご協力いただき、九州全体で活用できるセルフチェックシートを作成しました。
生協では、組合員が商品を利用する際のこの取り組みを「食の安全まもるちゃん」と呼んでいます。この愛称は、九州・沖縄の組合員公募により命名しました。

食の安全まもるちゃんのダウンロードはこちら

品質保証ワークショップの動画はこちら

あなたの活動を投稿する

  • ※「この内容で投稿する」ボタンを押してから、管理者で確認をいたしますので、反映されるまでにお時間がかかることがあります。ご了承ください。