記事一覧

【第十二回】ビール男子は地域を醸す!? イギリス・トットネスに根付くCOOP型経済のカタチ

前回イタリア・ボローニャ編に続いて、今回はイギリス・トットネス編です。

えっ?トットネスってどこだって?
ロンドンから西の海岸線に向かって約3時間、人口9,000人足らずの小さなまちです。どうしてそんなところに行ったかというと、第7・第9回で登場したgreenz.jpの編集長のナオさんにオススメされたからなのでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ヒラク君、ぜったいトットネス行くといいと思うんだよね。みんなローカルの文化や経済盛り上げるために頑張ってるし、ビールうまいし、最高だよ!」


【第七回】greenz編集長に聞くCOOPの未来 参加して楽しいローカルな流通

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

駅から見るトットネスの町。滞在中ずーーーっと小雨でした。さすがイギリス。

ということで、ボローニャから一路トットネスへ。そこは中世と見まがうような景色の広がるほんとに小さな田舎町。なのですが、町を歩いてみるとエキサイティングな場所がいっぱいあるではないか!

4日間の短い滞在だったのですが、たくさんの出会いがありました。それを逐一書くとスゴいことになってしまうので、話題を絞ってビール男子について書くぜ。

今回は僕の趣味でいきます。

えー、皆さまご存知のとおり、僕は発酵醸造の専門家でして。
味噌や醤油などの調味料から、チーズやキムチなどの発酵食材、そしてお酒など、発酵食を広く研究しているのですね。

で、トットネス。
ここはナオさんの言うとおり、ローカルのビール文化(←これも発酵)が盛り上がっておりました。中でも”New lion Brewery”という小さなビール醸造所と仲良くなったので、今回はそこの話を中心に、「地域を醸す」というテーマを掘り下げていきたいと思います。

IMG_2650-1
New Lion Brewery。いつ行っても雨が降っていたため、公式HPの写真を借りました。

 

最近日本でも話題になっている「マイクロブブリューワリー」。まちに根付いた、手作りビールの醸造所です。
トットネスはその規模にも関わらず、多くの地ビールメーカーがあり、パブに行くとどれを飲んでいいかわからないほどたくさんの銘柄があります。つまり地ビール天国やぞー!

で、なかでもこの”New Lion Brewery”。
ここ、COOP男子で紹介するのにバッチリな、ナイスすぎるビールメーカーなのです。

それでは、醸造家のJacek君に話を聞いてみよう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Jacek Zieglerさん:トットネスにあるマイクロブリューワリー”New Lion Brewery”で醸造家を務めるナイスガイ。滞在中、僕毎日のように世間話をしに彼を訪ねておりました。今回のインタビューは、僕小倉ヒラクとJaceck Zieglerさんとで直接英語で話された内容が元になっています。前回と同じく、一応当たれる資料は当たっていますが、あくまで「小倉ヒラクという個人が見聞きしたこと」と思ってお読みください。
組合型のビールづくり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

醸造所の様子。ビール醸造に必要な設備がものすごくコンパクトに収まっています。
hiraku

「はじめまして。日本から来た発酵デザイナーの小倉ヒラクです。すごく手作り感満載な醸造所ですが、ここはどうやって運営されているのでしょう?」

Jacek

「日本から来たんだ。ようこそ!
ここはね、トットネスのまちに人たち向けのクラフトビールをつくっている醸造所。まちの人たちから出資してもらって、地元のデヴォン州の原料を使ったビールづくりをしているんだ。一杯飲む?」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鋭意開発中のNEWビール。原料にアールグレイの茶葉を使った実験作。詳細はこの後に。

この”New Lion Brewery”はなんと、組合型のビールメーカー
人口9,000人弱のまちで、なんと400人近い組合員から出資を受けて運営されています。これってつまり…

COOP型クラフトビールってことじゃんよ…!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

組合員になるともらえるビールサーバー。家でもピクニックでも楽しめるそうな。欲しいッ…!

えーそれでは、僕なりに噛み砕いて”New Lion Brewery”の仕組みを説明しましょう。

まず基本的に、

・New lion breweryは組合員制度によるコミュニティビジネス
そして、ミッションは
・地域の経済と農業をサポートし、盛り上げる
ということを掲げているので、つまり
・ビール醸造という名のソーシャルビジネス
ということになります。WEBやパンフレットでは
・Community Craft Brewery
と定義されています(すげー面白い概念だ!)
で、メンバーになると、
・年間25ポンド(約4,500円)でビールの10%割引と専用ミニサーバーがもらえる
・ビジネスがうまくいったらキャッシュバック(←COOPといっしょ)
という利点があり、
・約400人弱のメンバー(2015年末時点)
・年間約90,000リッターを生産(2015年末時点)
だそうです。まちの規模を考えるとスゴいことです。
みんなで力を助けあって、地域を醸す
hiraku

「うわぁっ、このビール美味しいねえ。イギリスっぽい、ぬるくて炭酸の少ない風味、実はあんまり得意じゃないんだけど、このビールはイギリスらしさのなかに、シュッとしたキレがあって、でも飲みごたえもあって…。
これ、麦芽とホップ以外にも何か使ってますか?」

Jacek

「よくわかったね。これは麦芽とホップの他に、アールグレイの茶葉を使って仕込んでいるんだ。だから香りが華やかになって、キレが出る。」

hiraku

「へえ〜、面白いなあ。コミュニティ型でビールビジネスをやっているということは、もしかしてこの原料もローカルのものなのかしら?」

Jacek

「そうだねえ。麦芽と茶葉はここのもの。だけどホップを地元のものだけで揃えるのは難しい。ホップは、大豆やトウモロコシみたいに国際的な市場で大きく取引されているからね……」

ローカル100%の麦芽。
hiraku

「……ということは!もしかして茶葉を使うのはローカルで自給が難しいホップを使う量を減らすという意図もある?(←茶葉にもホップがもたらすような苦味と抗菌作用がある)」

Jacek

「そうとも言えるね。
僕たちのミッションは、地域の経済と農業をサポートすること。トットネスで口にするものはなるべく地元の食材を使ったものがいいし、そのぶん利益も地元の生産者に落ちるだろ?そのためには、知恵と工夫がいっぱいいる。制約があるのはタイヘンだけど、そのぶん面白いアイデアも出てくる。このビールみたいにね。」

うわッ…めっちゃ面白いぞ、この仕組み!

この”New Lion Brewery”では面白い好循環が生まれている。
ローカルのファンのために、ローカルの原料を使ってビールをつくる。そこには当然制約や限界がある。

しかし、それを「ビハインド」と捉えるのではなく「新たなアイデアのきっかけ」と捉える。今までなかったようなチャレンジができるし、何よりそのチャレンジを自分の財布からお金を出して支えている組合員たちがいる。

小さなビールメーカーが起点になって、地域の産業と経済にイノベーションが起きている。つまり、クラフトビールによって地域が醸されているのであるよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スーパーで見かけたクラフトビールとシードル。全部地元デヴォン州のもの。デザインも良い。

 

新たな未来をつくるためには、チャレンジが必要だ。

そして、チャンレンジするには、それを支えてくれる仲間がいる。リスクを分散させて、チャレンジするヤツの勇気を後押しする。
困っているヤツも同じように、みんなで支える。大きな社会の動きに取り残されてひとりぼっちにならないように、知恵を出しあう。

Jacekさんは、コミュニティ型クラフトビールというチャレンジをする。そして、グローバル化の波に抗って、地元の農家の力になろうとする。そして、その取組みを、コミュニティが支える。抽象的な意味ではなく、実際にお金は払ってビールを飲むという行為を通して(そしてその応援行為は、美味しくて楽しい)。もしやこれが…

組合活動の原点なのかッ…!?


「あーどうも。イギリスまでやってきました、賀川豊彦です。社会を変える、困っている人を救うには、施(ほどこ)すだけでは足りません。力をあわせて、仕組みを作らなければいけないのです。」

【第九回】賀川豊彦を増やせ!COOPの「はじまりのとき」を深くアツく語ったぜ。

hiraku

「つまり、モノが供給されて、人が健全に働けるようになって、コミュニティもきちんと回っていくようなシステム。その助け合いの仕組みを組合と呼ぶならば、このトットネスはまちぐるみでそれを実践している。
賀川先輩、スゴいっす…!自分、まだまだですッ…!」


(なかなかわかってきたようですね。ちなみにイギリスはCOOP発祥の国ですからね。そこんとこよろしく…)

トットネスは「マジにローカル」なまちでした

前回ボローニャと違ったスタイルで、トットネスは「マジにローカル」な取り組みをしているところでした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ローカルショップの様子。ダサさを微塵も感じさせないデザイン性の高さと開放感。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

野菜も加工品も乳製品もぜんぶ、トットネスのあるデヴォン州のもの。徹底している。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グルテンフリーのニョッキ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本では「食育」と呼ばれているような取り組みや概念がまち自体に自然に根付いている。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみにスキンケアまでローカルだぜ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

町中のパブで地ビールを堪能してきました。ていうかここ、地ビールしか置いてない!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハードロック(AC/DCとか)聴いてそうなお兄ちゃん作のビールを飲んで「これ最高だねー!」とコメントしたら「いやあ、このビール原料ぜんぶ地元のなんだよ。クールだろ?」と返されました。トットネス、どこまでもマジなところだ…。最高かよ。

Jacekさん、ほんとにお世話になりました。今年の夏、ヒラクはもう一度トットネスに行きますぞ。

See you next…!

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。

メールアドレスが公開されることはありません。

皆様から寄せられたコメント

  1. ヒラクさん待ってました!
    ラジオでも話されてからいつかなーいつかなーと…

    9000人の町で一つのブルワリーが90キロリットルってすごいですよね!(海外の人は消費量激しいのでこれくらいフツーなんでしょうか?)しかも他に多くのブルワリーがあるんですよね…競合他社との関係はどんな感じなのでしょうか…会社の規模とか…?詳しく聞いてみたいです。また現在ホップの世界的な供給の流れがどうなるのか懸念されてる部分もあるようですし、地元の茶葉を活用してというのは色んな意味で…とりあえず飲んでみたいの一言に尽きます(笑)

    組合員との関係も気になりました!イギリスの自家醸造について詳しくないのですが、ビールもみんなで仕込んだりするのでしょうか…米ポートランドも注目してましたが、英トットネスもですね!

    また近い将来的には発酵醸造の分野に進路変更を考えているので、働けるならそういう所でチャレンジしたいと思います!

    いつも素敵な記事をありがとうございます!(あんまり言い過ぎるとあれなのですが、ヒラクさんの文体すごい好きです)

    1. ふぁーびーさんこんにちは。ヒラクです。
      そうそう、9,000人の街で90キロリットルはスゴい。もちろん会員以外の人も飲んでいるんだけど、まあイギリスのビール消費量はスゴいんです。

      僕ももっと詳しいことが知りたいので、6月〜夏までトットネスを再訪して、超短期留学することにしました。
      その時のレポートもまたお伝えしますね。

      僕の文体かあ…。特に何も意識したことないんだけど、嬉しいデス。無駄に飾らす、かといってそぎ落としもせず、読む人とおしゃべりするような感じです。