記事一覧

牛舎の牛って実はほとんどみんな女の子なんですよ。

酪農家の収入として、生乳を搾って出荷する事と、生まれた子牛を育てて売るという事があります。生乳を搾るためにはまず、子牛を出産して母乳を出してもらわなくてはいけません。

その子牛が雌なら、将来、搾乳牛にするために自分のところの牛舎で育てます。そして、もし雄なら、40日くらいまでうちで育てて、セリで肉牛を育てるところへ買われていきます。なので、牛舎にいるのはほとんど雌なんです。

生後14日目の生協のカタログにも登場していた「ミカンちゃん」のこどもです。

雌なら最初に妊娠して出産するまで、雄ならセリに出すまでを、「育成」といい、私の牧場では「育成舎」で育てます。その牛舎の管理はわたしの担当です。

牛の赤ちゃんは生まれてすぐに母親から離し、母牛から搾った初乳を5日前後飲ませ、その後から粉乳に変えます。哺乳ロボットや、こうやって哺乳瓶に入れてあげることもあります。
子牛が哺乳ロボットに粉乳を飲みに行くと、首についているセンサーで感知し、その子牛の一日の哺乳量が記録されるようになっています。

PROFILE
内田 実花

酪農家

1994.10.17生まれ。「コープ牛乳〈阿蘇山麓〉」の指定生産者のおひとり。祖父母の代からの酪農家の3代目。3人兄弟の末っ子。菊池農業高校在学中はうし部の部長を務め、卒業後北海道で1年半修行を積み、現在は熊本県菊池市にて父母と共に酪農業を営む。

牛が死んだり、出ていく時は泣いたりもしますが、生まれてからずっと可愛がってい子達がお母さん牛になったり、なついてくれた牛が呼んだだけで来てくれたり、そういう喜びの中で、私も牛達と一緒に成長していきたいと思っています。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。

メールアドレスが公開されることはありません。