コープ職員ルポ

フィリピンミンダナオ島訪問記

 

コープ九州商品政策部 井上嘉博

生協のお店やカタログで並んでいる「バナナ」はたくさん種類があります。その中のひとつである「フレンドリーバナナ」は、どのようなこだわりをもって作られているのか。それを探りにフィリピンミンダナオ島を訪れました。

 

フレンドリーバナナのこだわり 
その6 ~日本へのフレンドリーバナナの輸入~

banana_firendly_rupo_06_01
博多埠頭の様子

フレンドリーバナナは博多埠頭の日本通運株式会社と香椎埠頭にある株式会社上組に隔週で就航しています。日本通運株式会社ではフレンドリーバナナを荷卸し、くん蒸倉庫まで運ばれる距離は20m~23m!この距離には品質に対するこだわりがありました。フレンドリーバナナの果肉の温度は約14度。保税倉庫を兼ねたくん蒸倉庫では13.5度~14度と低温高湿で、倉庫までの距離を短くすることで温度を保ち外気に触れる事をなるべく避けていました。

保税倉庫(くん蒸倉庫)の様子

保税倉庫の様子

保税倉庫(くん蒸庫)では農林水産省の植物防疫官立ち合いのもと植物検疫による外来種(虫)の確認(植検作業)が行われています。
また、ここで外来種が確認された場合駆除作業(くん蒸)が日本の法律のもとでこの植物検疫が行われています。株式会社上組ではくん蒸施設がトラックによる引き取り・出庫する場所と同じ施設にあるため外気に触れる事が少なく日本に就いた後も品質にこだわり続けていました。

サミット神戸合同物産での室入れ作業

室(むろ)入れ作業

通関、植物検疫を終えたバナナは福岡県古賀市にあるサミット神戸合同物産へ運ばれ、バナナを追熟しています。この加工施設は「室(むろ)」とよばれている。バナナにエチレンガス(植物が持つ追熟ガス)をかけ、青いバナナを黄色く追熟させています。この青いバナナが食べごろを迎えるのは6日以降です。

※画像は甘熟王の画像です。

ところで、フィリピンから出荷された時のバナナ(黄緑色)と追熟されたバナナ(黄色)はどちらが重たいかご存知でしょうか?
実はフィリピンから出荷された時のバナナ(黄緑色)の方が重いそうです。1房が500g以上と決められているフレンドリーバナナ。バナナは水分とデンプンからできており、この水分を飛ばす事でグラム数が減りでんぷんが多くなる事で甘くなっています。
バナナを入れた箱には取っ手でもないのに穴がたくさん開いています。


エチレン(植物が持つ追熟ガス)で追熟する際、バナナは熱をもってしまいます。そのため8基のファンを回し通気性を良くしているのです。
湿度が80%から90%ファンがまわっているところは風をとめつつ温度・湿度を保っています。これ以上水分が飛んでしまい下回る数値になるとバナナの皮の劣化の原因になります。冬場は湿度が低いため水を撒いているそうです。バナナのポテンシャルを最大限引き出し本来の甘さを作り出していました。

★鮮度が良く品質の高いフレンドリーバナナを提供


追熟加工後出荷され、各店舗や共同購入をご利用の組合員さんへ届けられます。
 

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。

メールアドレスが公開されることはありません。

皆様から寄せられたコメント

  1. 有機バナナより価格の安いフレンドリーバナナでさえここまで丁寧に手間暇かけて作られていることに驚き、安心感を覚えました。
    ミミズやカエルの力を借りていることや手作業での虫の駆除など、たいへん手間をかけて安全を追求しているのがよくわかりました。ここまで高品質なバナナが200円台で出てることがすごい!

    1. 山崎小巻様
      嬉しいコメントをいただきありがとうございます。
      フレンドリーバナナを生産している現地に行って見ましたが、今の環境を作るためにも大変なご苦労をされていました。これからも生産地の情報をCOOPWEBLABOを通してお伝えしていきます。

      1. I’m William of Tri-Star company producing friendly banana.
        Thank you for your message
        Friendly Banana is grown and that you have made them available to your members at affordable prices.
        William Leh
        President
        Tri-Star company.

        フレンドリーバナナを生産しているトライスター社のウィリアムです。
        メッセージありがとうございました。
        フレンドリーバナナは皆様のおかげで成長してきました。組合員の方々が利用しやすい手ごろな価格で提供していきたいと思います。
        ウィリアム・リー
        トライスター社 社長