記事一覧

この度の福岡・大分県地方を中心とした豪雨により、被災されましたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。九州の生協では地域に今必要な支援活動に取り組んでいます。

コープ九州の会員生協の活動を各生協のホームページやfacebookから抜粋してお伝えします。

東北・熊本・福岡と、支援の思いがつながっています。

2017/7/18

機関運営・広報部 石井

 

エフコープでは、近隣の生協やお取引先とともに今求められる支援活動を行っています。

7月8日(土)、生協くまもとのみなさんが、支援物資を積んだトラックで朝倉市に。
エフコープの役職員も合流して、朝倉市にある避難所「ピーポート甘木」や市内の物資の集積所にお届けしました。その後の被災地域の関係者のみなさまと「炊き出し」など今後の活動についてご相談しました。

7月10日(月)も、朝倉市内の避難所のひとつ「ピーポート甘木」にて、東北地方お取引先から提供いただいた材料にて東北の郷土料理「はっと汁」や生協くまもとからの熊本名産「デコポンゼリー」などを、避難されていらっしゃる方々や、ボランティアスタッフのみなさまなどに振る舞いさせていただきました。

 

エフ炊き出し10日
生協くまもとから応援に来ていただいた職員と一緒に準備しました。

7月14日(金)に避難所となっている朝倉市立杷木中学校にて夕食の「炊き出し」を行いました。

今回は、エフコープ・生協くまもと・熊本県生協連・コープさが生協の役職員が参加。「はっと汁」「デコポンゼリー」「パンちゃん」(氷菓用キャンディ)「佐賀銘菓丸ぼうろ」をご提供しました。

エフコープ炊き出し
エフコープの炊き出しの様子。

「毎日、幕の内弁当だから、汁物はうれしい」「変わったお料理は食欲が沸きますね」「甘いものをいただけて、よかった」など、たくさんのお言葉をいただきました。

全国のみなさまのおかげで、福岡は元気をいただいています!!本当にありがとうございます。

 
 

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。

メールアドレスが公開されることはありません。