【今回のテーマ】

鍋にたよる夜

手抜きしつつも、花丸の栄養バランス。鍋は夫婦の健康のミナモト。
今日の晩ご飯、迷ったら鍋。寒いから鍋。忙しいから鍋。
理由はいろいろあれど、どんな時でもそれが我が家の大正解。

血液さらさら、青魚のちから。

健康が気になるお年頃は、青魚でつくる鍋がうれしい。
身体の中から元気になるし、手作りだからおいしく安心。
旨い!の笑顔、今日もよろしく。

haruno1-01
撮影 : 母
いわしのつみれ鍋 : つみれ(いわしたたき身/赤みそ/しょうが/ねぎ/ごぼう/たまご/片栗粉)
※写真はつみれのみで撮影。この後、野菜や豆腐などの材料を加え、一緒に煮ます。

ココがポイント!!

いわしのつみれに野菜を入れてひと工夫が春野家レシピ。

つみれは、国内産いわしたたき身300gに、赤みそ少々・しょうがみじん切り・ネギ小口切り・ゴボウみじん切り・卵1コ・片栗粉少々を混ぜた手作りです。鍋の〆は、スープに卵を落として半熟まで加熱。卵を汁ごと玄米小豆ご飯にオン。

haruno1-01_pt

わたしの家族

family_hanasaki

アラ還の夫と、3歳下の私。ふたりの娘は独立して、ほぼふたり暮らしの日々。健康寿命を意識して、野菜と豆がたっぷりの食卓です。共通の趣味は器づくり。夫が釣り上げた魚のお造りを、自作の器に盛るのが、夫婦の楽しみです。

この商品で作りました!!

  • ※このページは2016年2月に作成したものです。商品デザインなど、作成時から変更している可能性があります。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。

皆様から寄せられたコメント

  1. つみれ汁ってなんか魚臭イメージがありますが生姜牛蒡入れたら全く魚臭なくて美味しいでした

    1. 作っていただき、ありがとうございました!
      そうなんです。何はなくとも生姜とごぼうだけは欠かせません!
      味付けは白だしなどでも、またひと味違う鍋になります。またよろしければお試しくださいね!