【今回のテーマ】

最愛の晩酌

休肝日は週2回と決めています。ならば5回は、しっぽり晩酌。
夫婦自作の器に盛り付て、ほら外食にも負けない出来ばえ。
かんたん、しかもスピーディに、 “ 小料理 春野屋 ” 開店ですよ。

バランス良好、翌朝のごはん。

たっぷり呑んだ次の日の胃は「軽めでいいよ」と言っている。
それでも栄養は摂りたくて、こんな朝食を考えた。
からだもすっきり目覚めます。

haruno2-03
撮影 : 母
トマトスープ : トマト缶/豆(冷凍)/根菜類
シリアル : コーンフレークプレーン/豆乳
ヨーグルト : プレーンヨーグルト/プルーン

ココがポイント!!

夫婦のために、豆を意識して摂る。牛乳も豆乳で。

朝は、トマト缶に使いやすい冷凍の豆、根菜たっぷりの野菜スープで、まず温まる。シリアルには豆乳をかけるのも我が家流。ちょっとした工夫で豆類を摂取できます。ヨーグルトには前の日から乾燥プルーンを漬け込み、そのぷるぷるした食感を楽しみます。

haruno2-03_pt

わたしの家族

family_haruno

アラ還の夫と、3歳下の私。ふたりの娘は独立して、ほぼふたり暮らしの日々。健康寿命を意識して、野菜と豆がたっぷりの食卓です。共通の趣味は器づくり。夫が釣り上げた魚のお造りを、自作の器に盛るのが、夫婦の楽しみです。

この商品で作りました!!

  • ※このページは2016年3月に作成したものです。商品デザインなど、作成時から変更している可能性があります。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。

メールアドレスが公開されることはありません。