試飲会にて>No.04 モノポール・ルージュ

モノポール・ルージュ
wine_num1_0

Monopole Rouge モノポール・ルージュ

○生産国/フランス・ボルドー
○ぶどうの種類/サンソー、シラー、グルムナッシュ
○タイプ/ライトボディ

安さんからのレクチャー

使用している葡萄は、サンソー・シラー・グル厶ナッシュの3種類。軽快な味わいのライトボディタイプのワインです。香りでは、プラムやチェリーなどが楽しめ、心地よい果実の余韻を残ります。さて、このワインのように数種類の葡萄をブレンドするのはなぜでしょう?それは、それぞれの葡萄の持つ特長を、ワインの中で表現し、ひとつのワインに仕上げていけるからです。1種類の葡萄では表現できない味のワインの完成です。

WINE No.04

【料理について】

一緒にいただくなら、クセがありすぎない、素直な味わいのハード系チーズがおすすめです。今回は“穴あきチーズ”として知られる、エメンタールチーズをセレクトしてみました。 「他にもこんな料理と…」シンプルなパスタやピザ、肉料理、チーズ(シンプルな味わいのもの)。

組合員さんの感想

Aさん
辛口だけど、軽快でライトな感じ。酸味がけっこう強いと感じたかしら。赤ワインが苦手な方でも飲みやすいワインなのでは。
Bさん
渋味や苦味は少ないけれど、酸味はなかなか強めかも。普段から赤ワインを飲んでいる私にとっては、味に深みが少なくて、ちょっともの足りなかったかな。
Cさん
やさしい香りで、軽い感じ。赤ワインだけど、CO・OPクオリティのシーフードのパスタともマッチしていましたよ。ベリー系の甘酸っぱい香りもいいですね。
Dさん
ぶどうの品種が単独の時、そして数種類ブレンドしている時。その意味の違いが理解できてよかったです。知識があると、ワインの楽しみ方が広がりますね。

TOPNo.01No.02No.03| No.04| No.05

PROFILE
aside_sommelier1
秋成 紗恵子
Saeko Akinari

エフコープ生活協同組合 商品政策部

2008年エフコープ生活協同組合入協。共同購入配達、商品関連の部署をいくつか経て、2015年商品政策部へ。組合員と生産者の思いをつなぐチラシ「よかもん」担当。「ワインの勉強をしてますます美味しく飲めるようになりました。組合員さんにお気に入りのワインを見つけてもらえればうれしいです」。

aside_sommelier2
安 映子
Eiko An

パンジャパン貿易株式会社 PJワインセラー取締役副社長

貿易会社を営む父の影響で幼少から海外に興味を持ち、英語、中国語を学ぶ。西南大学卒業後、東京の航空会社を経て父の経営するパンジャパン貿易へ。フランス食品振興会認定コンセイエ。全日本ソムリエ連盟認定ソムリエ。日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。