試飲会にて>No.01 トゥーレーヌ・ソーヴィニヨン

トゥーレーヌ・ソーヴィニヨン
wine_num1_0

Touraine Sauvignon トゥーレーヌ・ソーヴィニヨン

○年代/2014年
○生産国/フランス・トゥーレーヌ
○ぶどうの種類/ソーヴィニオン・ブラン
○タイプ/辛口

安さんからのレクチャー

黒すぐりやトロピカルフルーツの風味を持つ、フレッシュでいきいきとした辛口白ワイン。葡萄の品種はソーヴィニヨン・ブラン。独特のクリスピーさとミネラル感をいっぱいに感じてくださいね。生産地は、フランス・ロワール地方のトゥーレーヌ地区。ぶどう畑の回りには古城が建ち並ぶ、とっても素敵な場所です。海洋性気候と大陸性気候の両方の影響を受けるので、ソーヴィニヨン・ブラン以外にも、たくさんの品種が栽培されているエリアです。

WINE No.01

【料理について】

フランスパンの上に、エキストラバージンオリーブオイル(CO・OP商品)で和えたトマトをのせたブルスケッタを合わせてみました。トマトの爽やかな酸味が、白ワインを引き立てます。
○他にもこんな料理と…/白身魚のカルパッチョ、トマト系の前菜、チーズ。

組合員さんの感想

Aさん
飲みやすく、すっきりしている。ほのかでやさしい香りもフルーティで私好みでした。安さんの表現で“クリスピー”とありますが、これば香ばしさを示すものですって。
Bさん
“クリスピー”さは、ちょっと良く分からなかったかな。いつもの白ワインという感じで、さらっと飲めました。
Cさん
軽いのだけれど、酸味もある。外国産のクセのある味わいのミネラルウォーターに似ていると思ったのだけれど、それが安さんの言う“ミネラル感”みたいですね。
Dさん
赤ワイン好きの私にとっては、ちょっと頼りない味わいに感じました。するする飲めてしまうから、軽食やランチタイム用のワインにいいかもしれません。
Eさん
本日1本目のワイン。解説を見聞きしながら飲むと、素人でも味わいや香りに集中できるから、利き酒みたいでおもしろいですね。
Fさん
赤ワインの前に飲んだ時と、赤ワインの後に飲んだ時では、味の印象が全く違ってびっくり。やっぱり白ワインは最初に、赤ワインも軽いものから…が鉄則なんですね。

TOP| No.01| No.02No.03No.04No.05

PROFILE
aside_sommelier1
秋成 紗恵子
Saeko Akinari

エフコープ生活協同組合 商品政策部

2008年エフコープ生活協同組合入協。共同購入配達、商品関連の部署をいくつか経て、2015年商品政策部へ。組合員と生産者の思いをつなぐチラシ「よかもん」担当。「ワインの勉強をしてますます美味しく飲めるようになりました。組合員さんにお気に入りのワインを見つけてもらえればうれしいです」。

aside_sommelier2
安 映子
Eiko An

パンジャパン貿易株式会社 PJワインセラー取締役副社長

貿易会社を営む父の影響で幼少から海外に興味を持ち、英語、中国語を学ぶ。西南大学卒業後、東京の航空会社を経て父の経営するパンジャパン貿易へ。フランス食品振興会認定コンセイエ。全日本ソムリエ連盟認定ソムリエ。日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。