8月初旬[土を寄せる]>強風にも、ぐらつかない強さを。

赤ちゃん大豆がぐんぐんと育つこと約1カ月。前回、発芽していなかった大豆も、おおかた芽を出し、すっかり“お兄ちゃん”の風貌で緑の葉をしげらせています。この日は、大豆の背がいっそう伸びてもグラグラしないよう、また激しい夕立や台風にも負けないよう、「土寄せ」を行いました。「土寄せ」で活躍するのは赤い専用マシン。畝間の土を雑草ごと削りながら大豆の根元に寄せ、小さな山でおおい、茎を固定します。大豆のための環境づくりと除草を終え、さあ夏本番です。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。

メールアドレスが公開されることはありません。