11月18日[大豆の収穫]大豆畑から②>昔ながらの脱穀を体験。

目標としていた大豆の収穫は叶いませんでしたが、その代わり、思いがけない経験が待っていました。それは、脱穀体験。実は、畑を見守ってくれていた丸美屋の東先生や、生産者である農匠なごみのみなさんが、みんなを元気づけたいと準備してくれていたのです。

ちなみに、塾生が種まきをした大豆は、納豆づくりに適している「すずおとめ」という品種だったのですが、脱穀用に用意してくださったのは、その妹分の「すずかれん」という品種。納豆だけでなく豆腐づくりにも適し、さらに病気にもなりにくいことから、今、開発が進められている新しい品種なのだそう。「すずおとめに、すずかれん。かわいい名前!」。大豆にまた愛着が湧いてきます。

さて、脱穀には、竹の棒に、フォークのような部分をくくり付けた「めぐり棒」を使います。最近ではあまり見かけなくなりましたが、昭和の時代には、大豆の収穫時期になるとこの棒を使い、家族で脱穀作業をする風景が見られたのだとか。「この棒を上から振り下ろして、先に付いた部分を回転させながら、大豆の苗を叩くんだよ」。

先生の手ほどきを受けて、いざ挑戦!最初はちょっと難しかったけれど、ぱちーん、ぱちーん。

お母さんもぱちーん、ぱちーん。

みんな上手に棒を扱うことができるようになりました。

叩くと、鞘の中から大豆が弾けて、ビニールシートの上にコロコロ…。みんなで汗をかきながら、一生懸命がんばりました。

ある程度叩いたら、先生が手で集めた大豆を高いところから落とし、もうひとりの先生が、横からダンボールをパタパタ。風でよけいな殻や葉っぱを吹き飛ばして、大豆を選り分ける方法を教わりました。農家には、今もこうした仕組みを使った「唐箕(とうみ)」という装置が存在するそう。

みんなも、両手いっぱいに取って殻をフーフー。早速、“人間唐箕”に挑戦するお父さん。

そうして収穫できた大豆の愛おしいこと!それぞれがまるで宝物を扱うように、大切に持ち帰りました。
メンバーのために、一生懸命準備をしてくださった先生方、ありがとうございました!

そして最後に、全員で記念撮影をパチリ。みんな、この畑でいろんなことを学んだね!

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。

メールアドレスが公開されることはありません。