コープ職員ルポ

沖縄県 伊江島 「島らっきょう」産地訪問記

 

コープ九州日配商品部:新井 知海

生協の島らっきょうのこだわりはご存知ですか?沖縄の先の島へ・・・青い海を越え大自然輝く伊江島に訪問し、40年も沖縄の伊江島で農業と向き合われている「島らっきょうの達人」のもとを訪ねました。

 

伊江島の豊かな環境が生み出す島らっきょう

 

日配商品部で「漬物」を担当している新井知海です。
共同購入カタログで、2018年4月③週と5月③週にご案内する「沖縄の島らっきょう」(浅漬け)の産地を訪問し、生協組合員やこの記事を見て下さっている方々に、産地の様子、豊かな自然の沖縄県伊江島について紹介します。

rupo_rakyou_01_01
伊江島は、本部港からフェリーで30分

 

伊江島の広大な畑にびっくり

rupo_rakyou_01_02
畑の向こうに見える尖がった山は、地元では「伊江島タッチュー」と呼ばれてます。
※タッチュー・・・沖縄では尖ったという意味

伊江島は、小さな畑と丘陵地と想像していたが、広々とした畑や牧草地が続く豊かな島。

以前、沖縄を訪問した折に、「伊江島の島らっきょう作りの達人」の話をお聞きし、ぜひ一度お会いしたいと思っていた。今回、念願が叶い、訪問する機会を得ることに。

魅力ある人柄と考え方が、合理的な自然循環を生み出していた

 

 

40年以上伊江島で農業に向き合ってこられた「島人」は、島一番のサトウキビと島らっきょうの生産者。
伊江島の自然を愛し、観光で訪問される方々のホームスティ等の受入活動グループのリーダーとしても活動されている。

 

rupo_rakyou_01_03
達人のらっきょう畑

達人の言葉を借りれば、島らっきょう栽培のポイントは「土作り」。
サトウキビの枯葉と牛糞で作る完熟堆肥を圃場に入れることで、さらさらで柔らかな土壌になるとのこと。
見事なまでの「自然循環」を活用した合理的な農法。
3月まではサトウキビの収穫、それが終わると島らっきょうの収穫。
「母ちゃんがいなかったら、やれんな~」と笑いながら語る達人は、魅力いっぱいの島人。

rupo_rakyou_01_06

 

rupo_rakyou_01_05
一次選別され出荷を待つ箱詰めされた「島らっきょう」

沖縄県伊江島産の島らっきょうは、2018年4月③週と5月③週にご案内します!
製造工場で皮を剝いて、塩漬けした「浅漬け」をお届けします。そのまま食してもいいですし、特に天ぷらはおすすめですよ!
この時期だけの沖縄の味をぜひご賞味下さい!

 

記事作成日2017年5月(更新日2018年3月)

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。

メールアドレスが公開されることはありません。

皆様から寄せられたコメント

  1. 島らっきょう、いただきました!
    一口かじった時は、「う、らっきょうだ」という感じでしたが、パッケージに書いてあったように、小さめに切って、
    ゴマとかつお節をかけてしょうゆを少したらして食べたら、
    爽やかでとっても美味しかったです。
    来シーズンが今から楽しみですw