コープ職員ルポ

フリーリアバラ園産地訪問記

 

コープ九州非食品商品部 武谷東樹

6月2日(金)、3日(土)の2日間でコープ化粧品「フリーリア」に使われているバラの産地見学に行ってきました。場所は、宮城県登米市です。ここで生産されているバラは、観賞用は一つもありません。全て、「フリーリア」に使われるために大切に育てられているバラなのです。

 

バラを使った化粧品にはたくさんのこだわりがありました。

 

フリーリアを製造している株式会社ナリス化粧品。今回は、株式会社ナリス化粧品に生協とのこれまでの歴史や、フリーリアの開発秘話。使い方についてお聞きしました。

まずはバラ園の動画をご紹介します!!こだわりをぜひご覧ください。

 

 

フリーリアシリーズの使い方ポイント

 

フリーリアシリーズの代表的な5商品の使い方の動画をご紹介します。

・クレンジングオイル

すすいだ後のぬるつき感の少ないことを、ぜひ体感して下さい!

・ダブルクレンジング

洗顔は泡がいのち。正しい使い方で、使用後の肌の違いを体感して下さい!

・フェイスクリア

洗顔後、化粧水の前に毎日、朝晩の習慣にすることで、理想の肌に!

・モイストアップローション

ちょっとした一手間で、もっちりもちもちとした肌に!

・モイストアップミルク

ベタつかないから乳液はしたくないという方にもぜひお使い頂きたいジェル状の乳液です!

生協とのお付き合いは1997年から

rupo_furi-ria_bangaihen_05
株式会社ナリス化粧品の外観

1997年より「ハンドクリーム」をはじめに、1999年には「化粧水」を2品、日本生活協同組合連合会と一緒になって共同開発がスタートしました。この化粧水が「フリーリア」シリーズの原点となります。

商品へのこだわり

ナリス化粧品では自然が育む力を美と健康に役立てたいという思いから、製品の多くに植物由来エキスを配合しています。そもそも創業者が技術者だったこともあり、ナリス化粧品は技術革新に力点を置く、”研究開発型企業”として実績を重ねてきました。社内には、「これまで存在しなかった新しいものを生み出そう」という気概と情熱が満ち溢れています。

フリーリアの開発秘話とこだわり

rupo_furi-ria_bangaihen_03
バラ園できれいな花を咲かせているバラ

“産地の見える化粧品”として、組合員さんから多くのご要望を頂いていた植物は「バラ」でした。このご要望が「フリーリア」の誕生を導きました。そこで、バラを研究しエキス抽出技術に特許を持っていたナリス化粧品の出番です。

フリーリアの名前の由来は、「フリー」と「リア」に分かれており、パラベン・香料を使用していないという事を意味する「フリー」とスペイン語で“結びつき”という意味を持つ「リア」を融合させた造語です。
肌にとって必要なもの以外は、できるだけ入れないことで、できるだけ多くの方が安心してお使いいただきたいという願いと、フリーリアで様々な結びつきの輪が広がりますようにという願いが込められています。

rupo_furi-ria_bangaihen_04
ひとつひとつ丁寧に手作業で花を摘んでいきます。

フリーリアのこだわりは、原料のバラを安定して手に入れるため、宮城県に専用バラ園を確保。香料を使用せず、自然な香りでリラックスしながら使っていただきたくて、独自の技術も確立しました。

 

フリーリアシリーズのコンセプト

フリーリアシリーズは、自然派化粧品でエイジングケアをしたい方。肌のハリやうるおい、弾力が気になる方。バラを使用したスキンケアに興味がある方にぜひ使っていただきたいと考えています。

rupo_furi-ria_bangaihen_06
バラの模様が印象的なフリーリアシリーズ

 

生産者の方へインタビュー

フリーリアのバラを生産していただいている鎌田 哲也さんに想いをお聞きしました。

rupo_furi-ria_bangaihen_07
生産者のお一人である鎌田哲也さん

安心安全で高品質のバラを出荷できるよう、日々手を掛け、心を込めて育てています。 私達従業員一人ひとりの愛情が込められたフリーリアです。フリーリアがより多くの皆様の癒しになることを願っております。

 

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。

メールアドレスが公開されることはありません。