平成28年熊本地震では大きな被害が発生しました。食を支える生産県でもある熊本。このコーナーでは、熊本の産直産地やお取引先の今と生協の活動をお伝えしていきます。

あわせて、今も復興へと歩み続ける東北など、全国のとりくみもご紹介します。

JA筑前あさくらの皆様に
豪雨被害へのお見舞いをお届けしました。

    • 2017/9/5

                                    機関運営・広報部

 

9月1日、コープ九州事業連合は地元福岡のエフコープとともに、JA筑前あさくら本所にお見舞いをお届けしました。

JA筑前あさくらは、とよみつひめ・梨・ぶどう・志波の富有柿、博多万能ネギ、豆腐原料の大豆そして1,200tものお米を年間提供くださっており、生協組合員との交流会も積極的にご対応いただいている産地です。

犠牲となられました方々のご冥福をお祈り致しますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。そして一刻も早い復興のため、生協として力をつくしてまいります。

 

JA筑前あさくらの組合長と副組合長にご対応いただきました。 左手前奥よりコープ九州事業連合専務理事倉員、エフコープ堤専務、エフコープライスセンター 髙山社長。

 

 

 

 

 

 

 

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。

メールアドレスが公開されることはありません。

関連ワード