コープ職員ルポ

Sacodano ITALY

コープ九州商品政策室:迫田貴子

「COOP WEB LABO」制作メンバーのサコダです。私、3人の子を持つ主婦ですけど「コープって何?」を考える機会が、近ごろ激しく増加中(体重じゃなくて良かった…)。そんな折り、1週間の休暇です。イタリアに住む友人を訪ね、現地のコープもチェックしてみるか。パートタイマーなのに熱心ですか? だってコープに興味あるんだもの。

その2=ITALY コープの歩き方~見ているだけで心躍る商品たち。

オーガニックのVivi VerdeとCOOP商品。こんなにいろんな種類のオーガニックの商品は福岡のお店にはないです..

イタリアの生協にもPBであるコープ商品があります。大きめの店舗ではNBも多いのですが、ボローニャの中心街の「incoop」は小さいお店ですが、COOP商品が多く、通常のラインのCOOP商品(青いパッケージ)、プレミアムなFiorFiore(赤紫色のパッケージ)ビオ商品であるVivi Verde、子供向けのCrescendoなどが揃っていました。違うコンセプトの商品がその並んで販売されていて、自分の必要とする商品が選びやすいんだろうなーと思いました。

日本でも、COOP商品として販売されているものと同じワイン。(日本では瓶に入っています。)わたしには、左端の200mlくらいの小さいパック3個組がちょうどいいんですけどー。日本では販売されていません…
左)家庭用品にもコープ商品があります。Vivi Verdeのラインは日用品では環境を考えた商品になります。
環境を考えたエコ商品って使いたいけどあまりないし、高い!という悩みがあったので、PBで揃っているのはいいですねー。
右)マスクやばんそうこうもあります。
1425-img
左)Fior Fioreステキな瓶。中身はよく分かりませんが、ちょっとワインと一緒に…にちょうど良さそう。
右)オリーブオイルやバルサミコ酢もさすがの品揃えという感じでした。
ポテチやジュースでも、Fior Fioreがあり、変には目立たないけれど、すぐにわかるパッケージです。おとなのポテチという感じですね。
ベビーフードコーナー。このCrescendシリーズもコープ商品です。

物めずらしさもあると思いますが、色がきれい、パッケージでその商品の特徴が分かり、商品が選びやすい、とにかくお買いものが楽しいと思えるようなお店でした。

「毎日の買い物がが楽しい」は「食事の用意をするのが楽しい」につながる!?

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。

メールアドレスが公開されることはありません。