2019.06.26

審判をくだすのは…!?

審判をくだすのは…!?

暑い季節が近づくと、いつもより「賞味期限」「消費期限」が気になりますよね。

このふたつの「期限」について、次のようなハッキリした違いがあるのをご存知ですか?

●賞味期限…「おいしく食べることができる」期限です。
期限を過ぎても、すぐに食べられないというわけではありません。スナック菓子やカップ麺に表示されているのは、ほとんどが「賞味期限」です。

●消費期限…「期限を過ぎたら食べない方がよい」期限です。
年はもちろん月日、時には時間まで表示されています。お弁当やサンドイッチに表示されているのは「消費期限」です。

つまり「賞味期限」が少〜し過ぎていても、プーコたちのように「クンカクンカ」して、正常な匂いや味だったらすぐに廃棄する必要はないということですね。

ただ、、ただ、、ここからも大事!!
「賞味期限」も「消費期限」も、「開封したら無効ぉぉぉ!!」というスペシャルルールがあるんです。

食べ物は、一度開封して空気にふれるなどすると、だんだんその状態が変化します。ですから「消費期限」前であっても「アウトォォォォォォォ!!!!!」になる場合もあります。

たとえば日光が当たる窓際に、置きっぱなしにしていたサンドイッチ。「消費期限」前でも、「クンカクンカ」が必要でしょう。

詳しくは下記のリンクからチェックして、「セーーーーーーフ!」が多い夏にしましょうね。

 

食品衛生について楽しく学べる「かるた」がダウンロードできます。

食の安全は「食のバトン」を、組合員が上手に受け取ることで守られます。

賞味期限内なのに味がおかしかった?こんな理由があります。

お名前
コメント