コープ職員ルポ

大分臼杵訪問記

コープ九州:石井梨香

臼杵市は、大分県の東南部に位置する人口は約4万人のまち。東は豊後水道に面し、ふぐ料理や石仏でその名を知られています。そして醬油やみそなど、醸造業が盛んなまちでもあります。その臼杵に、コープの醬油やみそを製造しているフンドーキン醬油株式会社があります。醸造のまちに根ざしたフンドーキンの歴史と今を訪ねました。

その1=臼杵の造り酒屋がフンドーキンの出発点。

16世紀から貿易と商いのまち

臼杵のお城は、キリシタン大名としても有名な大友宗麟が1556年に築城しました。当時は島だった海岸そばの高台に城跡があります。 宗麟は商いを重要視しており、海運を利用しての貿易が行われる城下町として栄えました。現在でもそのなごりで、お城に近い地域に古くからの商家が軒を並べています。

造り酒屋一の井手久家本店の酒蔵の装飾タイル壁画。ポルトガルと臼杵の交流を表しています。
造り酒屋一の井手久家本店の酒蔵の装飾タイル壁画。ポルトガルと臼杵の交流を表しています。
切り立った崖の上の臼杵城址。自然の要塞というべき様相。
切り立った崖の上の臼杵城址。自然の要塞というべき様相。
臼杵城址からみた臼杵の町並み。
臼杵城址からみた臼杵の町並み。

江戸時代の町割りが残るまち

関ケ原の戦い後、美濃の郡上八幡※の城主だった稲葉氏が臼杵藩を治めることになりました。臼杵の人口が最大だったのは、江戸時代だそう。武家や商家の門構えに往時がうかがえます。 ※現在の岐阜県郡上八幡(ぐじょうはちまん)市 稲葉氏とともにやってきた家臣の一人、可児孫右衛門が美濃での醬油・味噌づくりの技術をもって創業したのが、現在の鑰屋可児醬油(かぎや かにしょうゆ)です。その時臼杵にあった小さな味噌屋さんや醬油屋さんは可児醬油から新しい技術を習ったのだと言われています。

稲葉家下屋敷。廃藩置県で東京に住むことになった稲葉氏の里帰り用の屋敷。
稲葉家下屋敷。廃藩置県で東京に住むことになった稲葉氏の里帰り用の屋敷。
二王座(におうざ)歴史の道。昔ながらの町並みが残っています。
二王座(におうざ)歴史の道。昔ながらの町並みが残っています。
臼杵で一番ふるい醬油屋、可児(かに)醬油。現在の店舗は明治10年に建てられたもの。
臼杵で一番ふるい醬油屋、可児(かに)醬油。現在の店舗は明治10年に建てられたもの。

フンドーキンの出発点は酒づくり

江戸時代末期の安政2年。農業を営んでいた小手川角三郎が、臼杵のまちへ出て、酒造業を始めました。屋号は「代屋」、現在の小手川酒造です。この代屋の二代目の時代に醬油や味噌を造り始めたと言われています。臼杵のまちの内陸側は麦や米が作られる農村地帯。できた麦や米を臼杵のまちに集め、醬油や味噌に加工して付加価値をつけ、港から上方や江戸に送るという産業が臼杵の町に発達していきました。

なまこ壁が印象的な小手川酒造店舗。入り口は大八車がそのまま入ることができるつくりになっています。作家野上弥生子の生家でもあります。
なまこ壁が印象的な小手川酒造店舗。入り口は大八車がそのまま入ることができるつくりになっています。作家野上弥生子の生家でもあります。
小手川酒造内の焼酎の甕。
小手川酒造内の焼酎の甕。

酒造りの仕込みは年に1回。そのため麹をつくるための「麹室(こうじむろ)」も、半年間は使いません。そこで空いている期間をいかして醬油や味噌づくりが始まったそうです。そして二代目の弟、金次郎さんが分家をして「小手川商店」を創業。できた醬油や味噌の販売を担当するようになりました。これがフンドーキン醬油の創業です。文久元年(1861年)のことでした。

野上弥生子記念館。99歳まで執筆を続けた野上弥生子は小手川商店を創業した金次郎のお姉さん。記念館には作品の原稿や遺品の他、弟にあてた手紙なども展示されています。金次郎さんの幼名が武馬さんです。
野上弥生子記念館。99歳まで執筆を続けた野上弥生子は小手川商店を創業した金次郎のお姉さん。記念館には作品の原稿や遺品の他、弟にあてた手紙なども展示されています。金次郎さんの幼名が武馬さんです。
小手川商店。ガラスにはフンドーキンのトレードマーク。目方を量る分銅(フンドー)と創業者の名前である金(キン)をつないでいます。トレードマークは裏表が無く左右対称であることから、企業の確かさ製品の正直さを表しています。
小手川商店。ガラスにはフンドーキンのトレードマーク。目方を量る分銅(フンドー)と創業者の名前である金(キン)をつないでいます。トレードマークは裏表が無く左右対称であることから、企業の確かさ製品の正直さを表しています。
小手川商店では、きらすまめしや黄飯(オウハン)などの郷土料理が味わえます。
小手川商店では、きらすまめしや黄飯(オウハン)などの郷土料理が味わえます。

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。