記事一覧

永松農園のれんこん>収穫の時にモノをいうのは長年の経験と勘!

佐賀県白石町の特産品である“しろいしれんこん”
有明海を包み込むように広がる白石平野は、長年の干拓によって広がった農地で【重粘土質】という独特の土壌の中で、食物が育つ為に必要なミネラルを多く含み、糸引きが良く「ホクホク・モチモチ」とした食感の美味しいれんこんが育ちます。

[生産者インタビュー]

佐賀県杵島郡白石町

永松農園 永松弘好(ひろよし)さん

 

れんこんは水を入れる前の土づくりが大事。

 

永松農園は佐賀県白石地区で30町歩の畑を有し、年間530tのれんこんを出荷しています。「今年は台風などの影響も無く、出荷量も安定。気象に左右されず安定した量を安定的に供給出来るように日々努めています。」そう語るのは永松農園の永松敬祥(ひろよし)さん。(写真左上)

 

れんこん畑は一年中、水を張った状態なので、水を入れる前の最初の土作りをしっかり行う事が重要な業務。
完熟牛糞堆肥を中心に土壌作りを行い、畑に水を入れ、3月中旬~5月上旬:定植・7月中旬~翌年5月中旬頃まで収穫を行います。

nagamatu_renkon_02
糸引きが良く「ホクホク・モチモチ」とした食感の美味しいれんこんが育ちます。

長年の経験と勘を頼りに収穫しています。

 

れんこんの収穫は機械の水圧を利用して土を削り、一つ一つ手作業で、水田の中かられんこんを掘り起こしていきます。

nagamatu_renkon_03

nagamatu_renkon_04

畑は年を重ねるごとに水の深さが深くなっていくので、10年近い畑になると水の深さは腰のあたりまで達します。収穫は水に浸かって作業しなければならないため、とても重労働。

夏は日差しが強く、暑くて汗びっしょり。冬は水が冷たい為、長時間の収穫は出来ません。また、れんこんが折れたり傷がついたりしないように、収穫に使う機械は畑の深さや土の固さによって水圧や進むスピードを変えて作業します。収穫には長年の経験と勘が必要。れんこん作りが難しいと言われるのは収穫が難しいからなのです。

おいしいれんこんは手作業で大事に。

 

掘り起こされたれんこんは加工場に運ばれ、一つ一つ手作業で根っこを取り、泥をつけて選別をし、計量・箱詰めをして出荷されます。
泥はれんこんの酸化を防ぎ、鮮度を保つ重要な役割を持っているため、泥のつきが足りない所は箱詰め後、はけをつかってしっかり泥つけします。

nagamatu_renkon_05
nagamatu_renkon_06.jpg
nagamatu_renkon_06

 

多い時には一日700~800箱作業する事も。折れたり傷が付かないように、根取り・泥付け作業も一つ一つ手作業で行います。

 

nagamatu_renkon_07

 

長年培われてきた経験と熟練の技により手間暇惜しまず丁寧に作られた永松農園の美味しいれんこんをお楽しみください。

nagamatu_renkon_08

※今年度はエフコープ、コープさが生協、ララコープ、コープおおいたにて、8月1週より企画をスタートさせていただいております。今後につきましては年明けの2月いっぱいまで企画予定となっております。

 

※記事の内容は2016年10月取材当時のものです。

この商品のお取り扱い生協
  • エフコープ
  • コープさが生協
  • ララコープ
  • 生協くまもと
  • コープおおいた
  • 生協コープかごしま
  • コープおきなわ

産直ってなんですか?

日々届けられる野菜やお肉やお魚。今日も産地から新鮮な美味しさが届きます。でも、福岡の組合員さんと鹿児島の組合員さんは、同じ野菜でも産地は同じではありません。各地生産者と各地の組合員さんを結び、最も美味しい関係を考える。それが生協の産直です。

その土地とそこで育つ食べ物は、とても強い絆で結ばれています。その土地の気候風土は作物や家畜の特性をかたちづくり、多様な食材に対するさまざまな戴き方は土着文化の柱を築きます。生協の産直は、こうした視点を根底に持ちながら、背景とともに各地の生産者と組合員の暮らしを繋ぎます。


 

この記事はいかがでしたか?ご感想・コメントをお願いします。

メールアドレスが公開されることはありません。